MENU

銀行ローンのメリット

銀行、消費者金融には、さまざまなローンがありますが、現在「銀行が融資を行うローン」に大きな注目が集まっています。銀行ローンには、どのようなメリットや魅力があるのでしょうか……?

 

【銀行ローンのメリットとは?】

銀行のローンには、以下のようなメリットがあります。

 

1. 金利が低いので、借換や「おまとめローン」に向いている
2. 総量規制の対象外なので、申し込みがしやすい
3. 銀行から融資を受けているという安心感がある

 

以降で、詳しく説明したいと思います。

 

【メリット1/金利が低い】

銀行ローン最大のメリットは「金利が低い」ことです。金融機関のローンをそれぞれ比較してみると、銀行のローンが最も金利が低く、無駄のない設定となっています。

 

金利の低いローンを利用すれば、高金利ローンからの乗り換えや、複数ある借入を一つにまとめることが可能です。キャッシング分の多い方は、銀行のローンで一旦完済を行い、返済総額を少なくしてみましょう。

 

返済総額の違いは、カード会社の「シミュレーションツール」を使って計算できます。どのくらいお得になるのか、一度試してみてください。

 

【メリット2/総量規制の対象外】

銀行ローンは、銀行法によって規制を受けますが、消費者金融ローンのような、年収の制限は(原則として)設けていません。

 

消費者金融の場合、年収の3分の1以上の融資は厳しく(借入ができないよう)制限をされています。しかし、銀行のローンは、年収の3分の1以上の借入があった場合でも、新しい融資が受けられる仕組みを持っています。

 

近年、消費者金融ローンから多くの方が「借換の目的」で、銀行ローンを利用するようになりました。

 

実際に、貸金業法の改正後「消費者金融で借りられなくなった方」も多く、銀行ローンへと流れ込んできています。

 

【メリット3/安心感がある】

消費者金融でお金を借りるのは「何となく気が引ける」という方は多いです。しかし、銀行ローンはどうでしょうか? 

 

実際に、銀行ローン利用者の方にアンケートを実施しましたが、(銀行ローンを利用される方は)誰もが、堂々とキャッシュカードを使用し、ためらいなくキャッシングをされています。

 

銀行ローンを利用するということは、銀行の審査に通ったという「一種のステイタス」なのでしょう。消費者金融のように、こそこそとキャッシングをする人は皆無でした。

 

銀行ローンの審査は(私たちが思い込んでいるほど)難しくありません。銀行ローンの多くは、消費者金融が「保証会社」として審査を行っており、フリーターの方でも簡単に取得できるようになりました。

 

「消費者金融の基準で、銀行ローンが利用できる」というのが、2000年代の銀行ローンです。「銀行は審査が難しいので、受けたくない」という方は、ぜひ「新しい銀行ローン」にチャレンジしてみてください。驚くほど、スムーズにローン審査がクリアできるでしょう。

 

この記事を読まれた方は、下記記事も読まれています。
お金借りるお金を借りるならどこがいい?

銀行系のメリット

銀行系ローンとは、銀行のグループ会社(子会社)が扱う融資商品です。銀行系のローンは、銀行のメリットと銀行系(消費者金融)の良い部分を足して、二で割ったような「お得なローン」です。ここで、詳しく説明することにしましょう。

 

【銀行系のメリットとは?】

銀行系のメリットは、以下の通りです。

 

・ 銀行よりも審査がラク、アルバイトやパートでも申し込みがしやすい
・ 即日融資に強い、スピードキャッシングが得意
・ 銀行レベルの低金利商品が、簡単に利用できる

 

いかがでしょう? 銀行ローン、信販ローンには無い「ユニークな特徴」だと思いませんか?

 

【メリット1/審査がラク】

最初に断っておきたいのですが「審査がラク」というのは、決して「審査が甘い」という意味ではありません。銀行系列のローンなので、きちんと審査は実施されます。ただ、銀行と比較すれば、いくらか「審査の難易度は低い」ことは確かと言えます。

 

【メリット2/即日融資に強い】

銀行ローンは、2〜3営業日から、長ければ一週間前後の審査が必要です。これに対して、銀行系の多くは、短時間で融資を行います。速ければ30分で審査を終え、カードの発行は5分から10分以内という、スピードの速さが特徴です。

 

ただ、銀行の中でも「消費者金融の保証」を受けているところは、即時融資が受けられることが多いです。実際に、三井住友銀行系、三菱東京UFJ銀行系列、新生銀行(レイク)などの金融機関は、即日融資に強いローンを扱っています。

 

キャッシングをお急ぎの方は、銀行系のローンを利用してみてください。特に、パソコン申し込みを利用すれば「最短でカードが取得できる」のでおすすめです。

 

パソコンやスマートフォンで申し込みが出来たら、カードの受け取りと契約書の発行を「最寄りの無人契約機」に指定しましょう。プロミスのように支店があれば、スタッフのいる有人店舗で(カードと契約書を)受け取っても良いでしょう。

 

どの場合でも、パソコンやスマートフォンで申し込みをするのが「最も速い方法」となっています。

 

【メリット3/低金利商品が、簡単に利用できる】

銀行系のローンは、銀行レベルの「低い金利」で融資が受けられるのでおすすめです。

 

例えば、三井住友系のプロミスでは、最低金利4.5%から融資が受けられます。この数字は、銀行ローンの楽天銀行(スーパーローン=4.9%)よりも低い数字です。

 

また、おまとめローンでおなじみ「東京スター銀行」でも、最低金利は5.8%とプロミスより「1.3%」も高い数字となっています。

 

このような理由から、プロミス、モビットなど「三井住友銀行系」のローン、アコムなどの「三菱東京UFJ銀行」のローンは、銀行系の中でも「最もおすすめできるローン」となっています。

 

【銀行系、三社を比較してみました】

プロミス、モビット、アコムの金利の「貸し付け条件」を、以下のグラフで確認してみてください。

 

銀行系三社の比較

名称 実質年率 限度額 系列 独自の商品
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円まで 三井住友銀行 ・ 女性専用ローン
・ 自営者ローン
・ 目的ローンなど
モビット 4.8%〜18.0% 500万円まで 三井住友銀行 WEB完結(カードレスの融資)
アコム 4.7%〜18.0% 500万円まで 三菱東京UFJ銀行 ・ ACマスターカード
(クレジットカード)

 

この中でも、プロミスは「上限・下限」金利ともに、他社より良いレートで融資を行っています。また、プロミスでは「女性専用ローン」を扱うなど、主婦の方にやさしい金融機関となっています。